AED, 医療, 機能

AEDに掲載されている機能の種類

事故や病気など様々な状況から心肺停止になってしまった場合、助けるために重要なのが心肺蘇生になります。ただし心肺蘇生は知識がある人が行う必要があり、突然そのような状況になってもなかなか難しい事も多いです。近くに医療従事者の方や心肺蘇生が出来る方がいればよいですが、そうでない場合は助かる命も難しくなります。そのため素人の方でも安全に使用することができる心肺蘇生を行う装置としてAEDがあり、商業施設や会社など様々な場所に設置されています。

ただし実際に初めて使用する場合は不安だと感じる人もいますが、AEDは誰でも利用できるよう丁寧な説明や便利な機能が付いているので安心です。まずAEDに掲載されいてる機能として、心肺が動いている人には使用できないという点があげられます。実際に救護に立ち会った場合はあわててしまい、なかなか冷静に対処するのが困難な場合も多くあります。そのためまだ心臓が動いている人に、誤ってAEDを使用してしまう可能性も考えられます。

掲載されている機能によって電気ショックが必要かどうかはしっかり判断してくれるので、不要だと判断した場合は電気が流れないので大丈夫です。間違って電気を流してしまうという事はないので安全に利用できます。それ以外に掲載されている機能として、使用した人の心電図などメモリにデータが蓄積させます。このように多くの機能があるので、いざという時でも安心で安全に使用することが可能です。

AEDの機能のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です