AED, 医療, 機能

AEDの機能と使い方

AED(自動体外式除細動器)とは、重度の不整脈(心室細動)が原因で心臓が正常に働かなくなってしまった患者に電気刺激を与えて、正常なリズムを取り戻すための装置です。このような装置は従来から医療現場で用医療従事者によって使用されてきましたが、AEDは医療従事者以外の一般市民でも簡単な操作で適切な処置が行えるための機能を備えた医療器具です。AEDには自動的に患者の状態を診断する機能が付いていて、内部のコンピュータが心室細動の有無をチェックします。実際に心室細動を起こしていて処置を必要とする場合にのみ、電気ショックが与えられます。

もしも患者が心室細動を起こしていない場合には、電気ショックは与えられません。これに加えて一般市民でも簡単に使えるようにするための音声ガイダンス機能も備えていて、非医療関係者であったとしてもガイダンスにしたがって簡単な操作をするだけで適切な処置が行われます。AEDの使い方ですが、装置の蓋を開けてから音声ガイドにしたがって電極パッドを患者の胸に貼ります。2つの電極はそれぞれ貼る位置が決められているので、間違わないように注意する必要があります。

子供の場合は小児モードのスイッチに切り替えることで、出力を制御することができます。音声ガイダンスに従ってボタンを押せば、電気ショックが与えられます。電気ショックが与えられる際は、患者や電極バッドに手を触れないように注意しましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です