AED, 価格, 医療

腱鞘炎の原因や気をつける事

特に女性に多い腱鞘炎ですが、なってしまうと痛みが生じ大変つらいです。生活に支障をきたす場合もあります。指先が曲がらない、腕が痛い、手を酷使する人がなりやすいイメージの腱鞘炎ですが、特に妊娠中、出産後、更年期はかかりやすいのです。この時期は、女性ホルモンの中のエストロゲンの変化が著しい時期という特徴があります。

エストロゲンの欠乏はさまざまな器官に影響を及ぼし、腱もこのエストロゲンの影響を受けます。基本は、手の過度の使用といった繰り返しの刺激により腱がダメージを受けた状態に発生するものですが、ホルモンバランスが不安定な時期は、腱へのダメージが蓄積しやすく、腱鞘炎になりやすくなってしまいます。特に出産後は、多くの女性が腱鞘炎で苦しんでいます。初めての子育ては、一生懸命になりがちで、だっこしたり、授乳をしたり、今まで以上に急に手に負担をかける動作が増え、その上ホルモンバランスの変化でとてもなる確率が高いのです。

痛みがでたら、同じ動作を繰り返し行わないことが大事です。そして、痛いなと思ったらその作業を休むこと大事です。腱鞘炎を重症化させない為には、サポーターを活用することも良いでしょう。サポーターを使用することによりあまり動かさず負担も軽くなります。

適度な運動や良質な睡眠、バランスのとれた食事などを心がけストレスをためないことが大事です。また、痛みがでたら、がんばっている証拠と思って手を休める時間をつくるようにしましょう。AEDの価格のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です