AED, リース, 医療

腱鞘炎症状と原因と治し方

腱鞘炎は指や手首に負担がかかることにより起こる炎症です。手にある腱と腱鞘を使いすぎる事によって腫れてしまい、幹部が痛み、腫れることによって動かしにくくなるのが特徴です。関節をスムーズに曲げたり伸ばしたりすることにも困難を極めます。手が痛くてペンが持てない、ドアを回すことが出来ないなどの症状が現れた時には腱鞘炎を起こしている可能性があります。

手を良く使うデスクワークの方やピアニストに多く発症しますが、最近は仕事外でのパソコンやスマートフォンの使用により発症する方も増えています。家事などの日常生活の動きからも発症しますので、誰にでも起こる可能性があるのです。もし腱鞘炎になった時には早めに医師の医師の診察を受ける事が一番ですが、医師にかかるまでに出来る事はどんな事があるでしょうか?まずは患部を動かさない様に、休ませることです。安静にしていれば大抵の場合は自然に治癒します。

どうしても手を使わないといけない時には、なるべく負担がかからない様にしましょう。我慢すると慢性化する可能性があります。無理せずに安静を心掛けて下さい。痛みを感じたらまず冷やしてみましょう。

冷やすことで痛みの神経を麻痺させ、炎症の広がりを押さえてくれる効果があります。早めに炎症部の熱をとる事で早く治すことに繋がります。痛みが落ち着いてきたら今度は温めてみましょう。温めて血行を促進させ、新陳代謝を向上させます。

代謝が良くなると組織の早期回復に繋がります。無理をして動かすと、その後の生活に支障が出る可能性があります。無理をせず、落ち着いて対処しましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です