AED, 価格, 医療

腱鞘炎ってどんなもの?

指や手首などの特定の関節を反復して何度も継続して使うことによって、関節の腱の周囲を覆っている腱鞘が炎症を起こすことを腱鞘炎、といいます。その患部には腫れや痛みが伴い、患部の動かしづらさがみられます。また、腱鞘炎と同時に腱自体が炎症を起こす腱炎も発症してしまうということもおおくあるようです。上記のように、多くの倍は使いすぎによって発症するのですが、関節炎やケガなどから生じる場合もあるよです。

職業的にコンピュータのキーボードを連続して打つような職業、ピアニストや打楽器奏者などの手首や指を酷使するような演奏家、漫画家や作家などの筆記用具を日常的に長時間使うような職業についている方は、腱鞘炎を発症することが多くなっています。また、姿勢が悪く肩こりを慢性的に抱えている人などは、負担が一部分に集中しやすくなるので、これを発症する割合が多くなってしまうようです。ホルモンの関係から、中年以降の女性も、発症する割合が通常よりも高くなってしまいます。なってしまった時には、悪化させないために患部を休めることが大事です。

進行を抑えるためにこまめに冷やすことなども効果的とされています。薬を使った治療も有効で、イブプロフェンなどの抗炎症剤によって炎症を抑えるなどのものもよく行われています。また、周囲の筋肉をほぐして血のめぐりをよくすることで治りを早めるのに、マッサージも効果的だとされていますが、悪化させてしまうこともあるのでむやみにやらないようにするのが大切です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です