AED, 価格, 医療

AEDはどのくらいの価格で購入・借りられるか

AEDは、自動体外式除細動器とも呼ばれ、心臓が痙攣して血液を流すポンプ機能が作用しなくなった時に、心臓に衝撃を与えて、元のようなリズムに戻す機器のことです。2004年から医療従事者でなくても使用できるようになって、病院や救急車、スポーツクラブ、空港、学校などの場所にも設置されているところが多くなりました。A使用方法は音声で案内してくれるので、簡単に使うことができます。さてAEDは借りるとなるとどのくらいの価格になるのでしょうか。

リースする会社にもよりますが、価格は月額5000円~6000円で別途保証金が必要になります。また長期と短期とレンタルにも期間があり、1日だけイベントで使用するなどのリースの仕方も可能です。AEDを購入する場合は、本体だけでも価格は20万円以上するのが一般的で、本体に加えて消耗品の電極パッドとバッテリーもそろえなくてはなりません。消耗品の価格も、メーカーによりますが5万ぐらいはかかりますので、購入となると少しハードルが高くなります。

AEDには耐用年数がありますから、購入の際にはその点も考慮するようにしましょう。消耗品の交換の必要はないか、耐用年数は経過していないかのチェックも管理者には求められます。レンタルであれば減価償却は考える心配はなく、点検作業もリースした会社に任せられるため、管理者の負担は少なくなります。AEDのレンタル会社もたくさんありますので、インターネットで調べていくつかの会社にまずは見積もりを依頼してみるのもいい方法です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です