AED, 会社, 医療

両国における人間ドックの受検状況

定期健康診断は、会社に勤める人であれば、年に1回は受検することが義務付けられていますし、両国などの自治体では、住民が受検しやすいよう様々な措置を講じていますので、多くの人々が受検しています。健康診断の項目については、労働安全衛生規則に定められていることから、そのおかげで、両国でも多くの人々が、何らかの疾病を早期発見することができています。しかしながら、健康診断を受検しているからといって過信するのは危険です。というのも、健康診断は広く浅く、体の状態を診断するものですから、全ての疾病が見つけられるものではありません。

したがって、些細な疾病も見逃さないためには、もっと、深く体の状態をチェックする方法、すなわち、人間ドックを受検することが大切です。さて、人間ドックとは、主に生活習慣病の早期発見及び心・肝臓・腎臓・肺などが正常に機能しているかの確認を検査目的として、短期間に行われるものですが、両国でも定期健康診断は受検しても、人間ドックは受検しない人が少なくありません。そこには、様々な理由がありますが、「面倒だ」「病気が見つかるのが怖い」といった意見が多く、社運への正しい健康教育を徹底する必要があります。こういった現状を打破する為に、各会社では、受検にかかる費用に対して助成金を支給したり、何年かに1度は会社が経費を負担することも少なくありません。

同様に両国などの自治体では、人間ドックへの受検推進を目的としたイベントなどを開催しています。健康は自分で管理する気持ちが大切ですから、そのきっかけとして人間ドックを受検することはとても大切なのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です