AED, レンタル, 医療

大病院の看護師には夜勤がつきもの

小さな診療所では入院患者がいないので、夜勤は基本的にはする必要がないです。夜勤が必要になるのは、大学病院や総合病院など、かなり規模の大きな病院です。入院患者が多数いる病院なら、夜間であってもかなりの数の看護師や医師を常駐させておかなくてはなりません。夜間に容態が急変する患者さんも多くいらっしゃるので、そういった人たちに対して適切なケアができないと命に関わることもあるからです。

ですから、大きな病院ともなると看護師は持ち回りで夜勤をするのが普通です。時間が長いですし、昼間に比べると人数も少なく、その割には意外とやることが多いので大変な仕事です。看護師の中には夜のシフトに入りたくないという人も多いです。ですが、夜間の時間は手当がつきますから、その分給料はアップするのが普通です。

年収を少しでもアップさせたいときには、積極的に夜のシフトに入るのがいいでしょう。夜勤をするのはいいですが、生活リズムが狂ってしまわないように気をつけておく必要があります。夜中起きていると、どうしても体内リズムが狂って寝付きが悪くなってしまったり、肌の調子が悪くなってしまったりします。睡眠時間の適切なコントロールをするなりして対応していくようにしないと、働いている方がダウンしてしまうことにもなりかねません。

夜間は巡視といって、決まった時間に院内をパトロールすることになっています。このときに患者の容態が悪化していないかきちんと確認しなくてはいけません。AEDのレンタルのことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です