AED, レンタル, 医療

看護師が単発で働くメリットとは

看護師としての働き方は、常勤やパート、派遣など様々ありますが、最近では単発の仕事も増えてきているようです。医療業界は慢性的な人材不足が起こっていますが、夜勤や残業といった勤務条件の厳しさや給与、体力、精神的問題、家庭や育児、プライベートとの両立といった問題が多く、やりがいは大きいものの、職責の重さから離職してしまうというケースが多いのです。看護師の仕事から離れたものの、資格を活かして再度働きたいと考えても、ブランクがあるので以前のように働いていけるか不安になる方も少なくありません。復職に不安を感じる場合に適しているのが、単発の仕事です。

単発の仕事は、1日から数週間といった短期間勤務であることが多く、ある程度は希望を聞いてもらえるので、空いている時間や自分の都合に合わせて勤務時間や期間を選ぶことができます。単発の仕事は常勤の仕事と違い、複雑な人間関係に悩まされることも少ない上、給料も高く、残業もほとんどないのでストレスなく働くことができます。短期間働くことで復職への意思や自信につながる可能性もあるので、復職を考えている方にはリハビリ代わりになるでしょう。さらに、単発であれば、時給が高いという特徴もあります。

一般的なパートやアルバイトは700円から900円程度の時給ですが、看護師の場合は1500円から2000円程度と高めになっています。そのため、看護師として働くと金銭的にもメリットがあるのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です